« ツールド嵐山!! 珍道中!! | トップページ | kuniの3丁目の夕日もどき »

2007年12月11日 (火)

ツールド嵐山 後編! 姉さん 事件です

っと 言うことで、(どういうこっちゃねん) 京都のバカ夫婦(笑)の 差し入れお弁当も食べて、お腹もいっぱい! 淀川沿いは、日が落ちると真っ暗だから、なんとか5時までには家に、帰りたいので、13時に 嵐山を出発!!・・・・帰路の はじまりーー!!

所で、前編には書き忘れていたが、実は、嵐山到着の前から、二人のお尻は かなり悲鳴をあげていた状態でした(だってケツいたいんだもん マジで)

この日のためにゲットしていた パールイズミ製の インナーパンツ 4500円也をゲットしていたにも関わらず まいりました! しかし! 普段は3枚1000円のパンツ(笑)

勝負パンツ(なんのや(笑))でも 1000円なのに パットが 入っているとはいえ パンツに4500円は 高い!!

っと話は横道にそれましたが、 帰路に着く前に テツに ケツが痛いから 帰りは30分に一回位 休憩して、ボチボチ帰ろうな っと 話して旅立ったのであった・・・

一度通って来た道なので帰りは まあ 楽勝で帰れるだろうと、思いきや、もともと かなり間違えて来たので案の定帰りも、間違えまくり(笑)、後半の半分も過ぎた頃だろうか・・
ん?この川沿いは、来た時は走ってないな??と 思いながらも、 テツの携帯 ナビを信じて、砂利道、オフロード 約3Kを爆走!(ケツと背筋に こたえた)
ところが、!! 事件その一! 3キロも 砂利道を 走ってきたのに・・ な なんと!!
行き止まりである!!  こんなことあるのか 呆然・・・・ 横に逃げる道もない!!
遥かかなたに、サイクルロードらしきものが見えるが、 川の反対側、 自転車で行くのは不可能。。。。 ましてや 担いで歩くのも不可能・・・ 茫然!! 結局、、来た砂利道を元の 橋まで引き返すしかない・・・ これで ケツと太ももに 決定的なダメージを与えた(^O^; しかも 戻りの3Kが 今までにない 強風!! 神さまは、 初心者ローディーにとんでもない試練を与えなさる・・(もう ベテランという余裕なし)(笑)

なんとか、必死の思いで、3K引き換えし 元の橋に戻り 通常の、サイクルロードに復帰した(たのむで!! ナビゲータ テツよ!!) これが、 ほんまにダメージでした!

そして、サイクルロードを進むこと数キロ またまた、 川の上に上がらなければいけない

シチュエーション。。 砂利道と土の道の曲がりくねった坂を 駆け上がる場面に遭遇した!。  先を走る てつ! そして、その土の坂の途中で 確かに テツは 左足のビンディングペダルを外した事を ボクは確認した!坂の頂上付近は鋭角な急カーブだし!

なんとか そのオフ道!上りきって 左に方向転換しようとした瞬間!!

事件は起こった!!なんと 左足のペダルは確かに外していた テツであったが、あろう事か 右側に バランスを くずし  見事に 「あぁぁ^^ 」っという情けない声をあげて 見事に 転倒!!  その瞬間 「 ばきぃ!」 っと まじで
すごい音がした・・・・  それは、まるで、 フレームでも折れたか。。。 もしや、骨が折れた 音なら 大変や!! それほど 大きな 音がして わしは びっくりした!!
(わしは ベテランやから さっと回避したけどね(笑) )

コケタ姿をみて わしは 笑ったが、 テツが 脚を抑えて うずくまっている!!
恥ずかしさのあまり 立てないのか? とも 思ったが どうやら 本当に 痛そうだ!

なんせ あの 音だもの。。。(ブルブル)

これが 直後の衝撃映像

Ts3e0174 横は急斜面である

一歩間違えると 下まで

滑り落ちる所であった

さすがに、10分位座り込んでいたので、わしも 心配になった!!。 なぜ! なんなんだ! あの でかい音は??   わしは 一大事と 思い、 テツの嫁に! メールした
「速報 テツ コケタ(笑)」 っと (笑)  嫁も 心配のあまり すぐに返事を返してきた

「やっぱり プププ」 っと よく 出来た 嫁である(笑)

っと そんな事を言っている場合ではない! わしは、取りあえず 自転車を 起して 破損状況を 調べた・・ フレームは? 曲がってない ハンドル・・曲がってない レバー類も ・・大丈夫??  じゃ やはり 骨か!!???  と 思ったが 音の主は、
ペットボトルが、脚の間に挟まり つぶれた音だった・・・ とりあえずは 一安心・・・
やっと テツが 立ち上がろうとしたが 疲れもあるのか 痛さがひどいのか・・・・ 立ち上がれなかった・・・が! なんとか 屈伸もして 大丈夫ということで、 自転車にのり、

その後の帰路に向かった(残り約20K)  わしは あの光景を 思い出し ひとり 笑いをこらえきれずに、 へらへら笑っていた(疲れもあったから余計に笑えた)

やがて、枚方に到達し、一旦国道にでて、ちょっと お茶しようと マクドで休憩

P1040907 疲れ果てている プリン隊長(笑)

で 最後のひとふんばりで、もう一度 河川敷に降りて 家に向かった・・・・・
ケツも もう最高潮! 10分に一回は止まらないと。走れない状態(笑)、
ラスト10Kになった段階で、安心感からか 急に脚にも ぐっと疲労が来た!!

もう グダグダであった・・・  なんとか5時前に 家に到着した!!
テツは靱帯損傷である!(爆)

で つかれを 癒すために すぐに ふたりで銭湯にいき 脚をモミモミ お尻 モミモミ!
打ち上げで ビール2-3本のんだら バタンキューであった・・・

Ts3e0176  これが 総走行距離 122K

いやー 初心者二人にしては、よく頑張ったと思う(^O^;

ベテランの方は、 なんじゃ それくらいと 思われるかもしれませんが、 画期的な数字です。 マラソンの3倍を 人力で 走破して 感動すらおぼえるのであった!!

又 違うところチャレンジしたいもんだ!!

相棒の! テツ ご苦労!!    

どんくさい やっちゃ(笑)

後日・・・・・・・  打撲と判明 靱帯損傷では なかった・・・・ ちっ!(笑)

でも すごい 音やったなぁ・・・・・・

以上 めちゃくちゃ な レポート でしたが 第一回 ツーリングレポでした(^○^)

文才がない 自分がかなしい・・・

で 最後の プチ事件 今朝 鏡に 自分のお尻を 写してみたら とんでもないことに

なっていました(笑)

|

« ツールド嵐山!! 珍道中!! | トップページ | kuniの3丁目の夕日もどき »

コメント

お疲れ様です。
アルミのバイクは中年初心者にはつらいですよ~。
硬い乗り心地ですから。
カーボン買うお金なかったので、私はクロモリに逃げました。
ロング乗っても疲れにくいし、でも重いですが・・・

投稿: HIDE-chan | 2007年12月11日 (火) 00時53分

はい、呼びました?>良く出来た嫁(笑)

帰ってきたとき結構重傷に見え驚きましたが、少しは収まってきたようです。今朝ほどもシップ張った足引きずって会社行きました(笑) それにしてもそんなドラマがあったなんて・・・(´m`)クスクス
旦那はんはいつものコトながらちーっとも外での出来事を話してくれないので、隊長ブログは非常に貴重です。これからも自転車ともども夫の報告もよろしく(^^)

投稿: 三遊亭ミキャティ♪ | 2007年12月11日 (火) 07時52分

おはようございます。
僕は初めて100Km超えをしたとき残り10Kmくらいで足が攣り
股間(!)がすれて痛くて翌日からペンギンのような歩き方がしばらく続きました・・・・
奥様は子悪魔系なのですね!

投稿: なべ | 2007年12月11日 (火) 08時35分

尻の痛みは慣れるか、穴あきサドルで回避可能です。
不思議なのは来た道を帰りに間違える事です。
それとロードバイクで砂利道は走らない方がいいです。パンクしますよ。
「あぁぁ^^」という声が聞こえてきそうなブログ記事でした。笑
ある意味、文才があると思います(^^)

投稿: がりれお | 2007年12月11日 (火) 08時41分

テツさん、大変でしたね^^;
落車は、結構あとからダメージきたりしますので、お気をつけくださいね。
隊長も「明日は我が身」でございます(爆)
くれぐれも、ご安全に(笑)

ちなみに、私のバイクもアルミですが・・・
硬いかどうかなんてもこれっぽっちも差がわかりません。
こんなもんだよなぁ、って感じで乗ってるので(笑)

お尻の痛みは、サドルを換えるのも一案ですが、まずはご自分のポジション(フォームも含め)を見直されてみてははいかがでしょうか^^

投稿: 零子 | 2007年12月11日 (火) 10時16分

HIDEさん そうなんですか!! アルミは 初心者にはつらいんですか?? もっと早く教えてください!! とりあえず 先立つものもないし(笑)気合で 乗りこなします(^^;

みかてぃ!   知らぬが花 って 事もあるんやで、あ~んなことや、 こーーんなこと 知りたい??(笑)いやいえないこともある

なべさん ペンギンとは うまいですねぇ 僕も昨日 今日、そんな感じです。 ケツまだ 痛いです。 明日は晴れたら 自転車のるぞぅ!

ガリレオさん 穴あきサドルね フムフム! 早速チェックしてきます。 道は 天性の方向音痴なもので(^^;  オフは入りたくって入ったんでは。。。。。 テツのせいです(笑)

零子 おっしょはん!! 僕もアルミしか 乗った事ないんで、他のカーボンとか、判らないんですが、 ポジションかぁ??
早速例のサイトで勉強してみます!  
あとは気合やね!!

投稿: kuni | 2007年12月11日 (火) 18時10分

お疲れさまでした!
これはもう大変な122キロだった訳ですね。
最初は堪えます。でもそのうち慣れます!
それにしてもお尻…鏡に写ったその部分、決して見たくはないけど…どんなだか知りたいです。くれぐれも絶対に見たくはないので、決してブログにその写真のアップだけはされないよう、強く強く要望しますが。
キャノンちゃんのアルミフレームは、思うにそんなに乗り心地が悪いということはないのでは? アルミだけど衝撃吸収力あるというのがウリなので…。 問題はOCRの方ですね。硬いとすれば…。(ウチのジャイアントホープのフレーム、メッチャ硬いです!)

投稿: bikes | 2007年12月11日 (火) 18時21分

クニパパ〜ヾ(・ω・`)ノ
ぉ疲れ様ぁ♪今度ゎコッキーのマクドにきてねぇ(・ω・)σ

投稿: ゚*.コッキー.+゚ | 2007年12月11日 (火) 20時00分

kuniちゃん よく頑張ったね(^o^)/~~

お尻皮むげなかったんだ!

投稿: 純子 | 2007年12月11日 (火) 21時02分

GPSを体に内蔵し、GPSケイタイを持っていた僕でも道を間違えたのは事実。
でもkuniちゃん一人じゃ行けなかったんじゃない
プププッ (*^m^)o==3

投稿: T | 2007年12月11日 (火) 23時01分

改めてお疲れさまでした。

ナビゲーターの方が負傷されてる横で、隊長のパパラッチばりにシャッターチャンスをモノにする姿勢には、感動をおぼえます(笑)

っていうか、マクドで休憩してる表情、恐すぎです(+_+)

テツさん、大丈夫ですか?

投稿: | 2007年12月11日 (火) 23時01分

↓名前いれてませんでした。失礼しましたm(__)m

投稿: 球児 | 2007年12月11日 (火) 23時03分

ご心配をおかけして申し訳ありません。
お尻は翌朝には完全回復し、右ひざは少し青くなったものの
ほとんど痛みはありませんでした。
いったん倒れた自転車を近くの木に立てかけてくれたのに
撮影用にまた自転車を倒したブログ命のkuniちゃんには敬服です( ・◇・)?(・◇・ )

投稿: T | 2007年12月11日 (火) 23時42分

bikesさん! それは 見たい アップしてくれ! との 愛情表現でしょうか(爆) でも やめておきます!ようやく、 お尻は 本来の ぷりてぃ な状態を取り戻しつつありますので^^

こっきー!  行くよ~ 今度必ず
 わんばーがぁ ぷりいいず! って かわいく 言ってね^^

純子ちゃん  いやいや ちょっとむけたんよ(笑) 年内に会いましょう!! 今日は 残念(謎)

球児よ!どこが わしの顔怖いねん!! どっからみても!!
木村拓哉や ないけぇ!!

こら!! テツ。 舞台裏 見せてどないすんねん(笑)
まあ ただの打撲で よかったやら  つまらんやら(爆)
テツ!穴あきサドルと 輪行 袋げっと せな あかんな

投稿: kuni | 2007年12月12日 (水) 08時25分

サドルの話の補足。
お尻の痛くなる箇所によっては、穴あきサドルで即痛み回避ってわけにはいかないので。
後ろのほうが痛いようなら、後ろ荷重でとっかり座りすぎ・・・とか、
前のほうが痛いなら・・・とか原因は色々です。
人や性別によって骨格や、お肉のつき方も違うし、走り方によっても選ぶサドルはかわってきますし。

バックナンバーを手に入れる事が可能なら、9月号の「BiCYCLE CLUB」の特集が参考になるかと思います。

投稿: 零子 | 2007年12月12日 (水) 09時46分

おっしょはん! いつも参考になる話、ありがとうございます
(^○^)  そういえば 後ろにどっぷりすわっているかも

投稿: kuni@プリン隊長 | 2007年12月12日 (水) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/495779/9344979

この記事へのトラックバック一覧です: ツールド嵐山 後編! 姉さん 事件です:

« ツールド嵐山!! 珍道中!! | トップページ | kuniの3丁目の夕日もどき »